So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

考古学の単位ゲットと特定機密保護 [考古学]

単身赴任には色々と不便なことがある。
その一つが、大学から送られてくる物がすべて自宅に届いてしまうということ。
住所変更してしまえば話は早いのだが、住民票を移動していないので変更のしようもないし、するつもりもない。

2008年に通信生活を初めて以来、大学の仕組みにも変化があり、成績の確認もネットを通じて行えるようになったのは、ほとんどの通信生は便利になったと感じていると思う。
そう言う私もその中の一人で、今日はその利便性を痛感した一日であった。

何気なく自分の成績をチェックしてみたところ、成績表に「考古学」の単位が追加されていました。
試験はかなり前に合格していたのですが、レポートがなかなか通らず半分諦めかけていた科目なのですが、どうやらレポートが合格したようです。
どうやらというのは、合格したレポートは自宅に届いているはずで、赴任中の今は確認できない状態だからなのです。
このことが、先ほど書いたネットの利便性というやつで、今までは家の方から「大学からなにか届いているよ」と連絡が来ると、恥を忍んで中を確認してもらっていました。
ネットで確認できるようになった今、私の成績は『特定機密』として保護されるようになりました。
誰にでも人に知られたくないことがありますよね!

これで単位の合計修得数が 113単位 となりました。
あとは、「フランス文学概説」の3単位が取れれば卒業要件を満たすこととなります。
ということは、試験はまだこれからですが、夜スクの「総合講座2013」は合格したとしても、グリコのおまけになりそうです。

あとひと踏ん張り、がんばろう!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「考古学」の再々レポ [考古学]

今週は卒論をそっちのけで、「考古学」の再々レポをやっていました。
いままで約5年の通信生活の中で、再レポ食らったのは「論理学」、「倫理学」、「地理学2」、そして、「考古学」の4科目です。
初めて駄目だし食らった「論理学」は諦めて再提出しませんでしたが、「倫理学」と「地理学2」は再提出でリベンジを果たし、見事「A」合格。
しかしながら、「考古学」では手こずっています。
その理由は、あえて批判しますが「コメント」にあると思います。
最初にデラックスな待遇で戻ってきた時のコメントには「テキストや参考文献からの引用の羅列でレポートになっていない」とのお言葉。
そこんとこを直して再提出したレポートのコメントにはようやく「課題に対する理解の違い」を指摘されました。
それなら、「最初から言ってよ!」と言いたいです。
要するに、初回のレポートは読むに値しないシロモノだったということでしょうか?

今回は、指摘された箇所を訂正したつもりでいるので、合格で帰ってきてほしいと願いますが、いずれにせよ、「考古学」のレポートを提出するのは今回を最後にしようと思っています。

壁にぶち当たった時、乗り越えるのも大切ですが、避けて通るのも立派な選択だと思っています。
しかし、背後には避けて通ることのできない「卒論」という壁が控えています。
そろそろこっちを進めなければ…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

レポート返却 [考古学]

赴任先から戻ると、大学から例の茶封筒が送られてきていました。
まだ戻って来ていなかったのは「考古学」、8000字の大作です。
結果は「A」か「B」のどっちかなと期待しつつ開封すると、なんとそこには「D」の文字が[がく~(落胆した顔)]

レポートでダメだしもらうと、本当にへこみます。
試験でのDは明らかに問題に対して答えが書けなかった結果だと諦めもつきますが、レポート野場合、課題に対する考察に何日も費やし、何冊もの本を読みその中から考察を導きだすのですが、Dだとそれを否定されたような気分になってしまいます。

それからDはこれで3教科目ですが、過去の2教科はレポート本文に書き込みがあり、よく読んでくれた上での評価である事がわかり、コメント欄も丁寧で自分の考えのどこが間違っていたのかわかりましたが、今回のレポートには何の書き込みもなく、コメント欄もどこが間違っているのかさっぱりわからないようなコメントが書かれていました。
コメントに書かれている事はすべて書いているような気がするのですが???
担当によってこんなに違うとは・・・
通学過程なら、「どこがダメなのか」聞く事が出来るのでしょうね・・・

まぁ、試練だと思って頑張ります!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

引用箇所を見失ってしまったの巻 [考古学]

考古学レポート、なんとか完成させ無事投函しました。
今回は、レポートの中で2カ所だけどこから引用したのか判らなくなり、ちょっと慌てましたがなんとか探し出しました。
レポート書いている最中に、引用箇所を記入しておけばいいんですけどね。
後でやろうという気持ちに負けてしまいました。

これで今回提出したレポートは「人文地理学」と「考古学」の2科目。
次回の科目試験はこの2科目に加え、なかなか合格しない「倫理学」を含め3科目の受験となります。
夜スクで東京に戻って来ているので、試験会場は東京で受験する事にしました。

胃の調子が悪い [考古学]

なんだか胃の調子が悪い。
飲み過ぎが原因かとおもう??
今日から少しセーブしないと。
この暑さが悪いんだ。
ついついビール[ビール]に手を出してしまい、それが呼び水となる。

考古学のレポートは6000字を少し超えたところ、全体の8割弱。
金曜日までに終わりそうなペースなのだが、終わったら終末何しよう?
2日間でもひとつレポート書ける訳ないし・・・

「考古学」レポートの字数について [考古学]

何だか疲れが貯まっていて、土曜日は勉強をさぼりました。
日曜の朝からリスタートした考古学レポ、現在3000字弱。
「今日中に終わるかな〜」なんて思っていますが、一向に筆が進まない・・・いや、タイプが進みません。
夕方、「考古学」レポートの二つ説明しなければならない課題の一つ、「編年体系の確立」が終わった段階で、4500文字。
この調子で行ったら8000字オーバーしそうです。
もう少し要約しなきゃ10000字超えてしまいそうです。

通常は2科目単位の科目の字数は4000字以内とされています。
しかし、考古学のレポート課題には「8000字まで認めます」と書かれており、8000文字程度が慣例となっているようです。

日本語の難しさなのですが、8000字まで認めるということは、8000字を超えたら認めないと読み取れます。
すなわち、慣例に従い、この日本語の意味にも従うと、限りなく8000文字に近く、かつ、超えない範囲に纏めるのがベターかと考えています。


考古学レポ、スタート [考古学]

考古学レポ、序論と本論の書き出しで800文字。
まだ全体の1割だぁ〜。
山登りでいえば、1合目到達。
ようやく身体が温まってきたところです。

図書館から参考文献を借りてきました [考古学]

考古学テキスト、残り10ページ!
いよいよ8000字レポートに着手出来そうです。

その前に図書館に行き参考文献を借りてきました。
図書館の考古学分野の蔵書の多さに以外とビックリ、貸し出し上限の6冊に絞るのに時間がかかりました。
迷いに迷って借りてきたのは以下の6冊、外れがあるかもしれませんが週末はこれらの本とにらめっこして、レポートを書き上げるつもりです。







はじめて学ぶ考古学 (有斐閣アルマ)

はじめて学ぶ考古学 (有斐閣アルマ)

  • 作者: 佐々木 憲一
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2011/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




考古学キーワード (有斐閣双書―KEYWORD SERIES)

考古学キーワード (有斐閣双書―KEYWORD SERIES)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本




考古学ハンドブック

考古学ハンドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本




よくわかる考古学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

よくわかる考古学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

  • 作者: 松藤 和人
  • 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本




考古学のための年代測定学入門

考古学のための年代測定学入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 古今書院
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本



8000字!? [考古学]

今日は新幹線静岡まで。
PCが重くて邪魔なのでレポートを中断して「考古学」のテキストを読みます。

次回はなんとか「人文地理学」と「考古学」は受験したいです。
だけど、「考古学」は8000字レポート。
未知の領域への突入です。

考古学エレジー [考古学]

考古学のテキストを読んでいたら、考古学エレジーを思い出した!

都を離れて野に山に 遺跡求めて行く俺たちは、 夕べの星見てしみじみ思う 遠い昔の物語
あの子は良家のお嬢さん おいらしがない考古学徒 しょせんかなわぬ恋ならば トレンチ掘ってあきらめよ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。