So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
卒業論文 ブログトップ
前の10件 | -

卒業試験 [卒業論文]

今日は、休みを取って卒業試験に行って来ました。
何かと忙しい今日この頃ですが、人生の―大事ですから、これを最優先にスケジュール調整しました。
予定時刻よりも2時間も早くに三田に着いたので、まずは腹ごしらえに山食ヘ。
二郎も頭によぎりましたが、最近は油っこい物を食べると、お腹の調子が悪くなるので、山食のカッカレーをいただきました。
本当は、三色ランチを食べたかったのですが、本日品切れでした。
結局、在学中に山食で三色ランチを食べる事は叶いませんでした。

集合場所は、三田キャンパス北館 通信教育部で、集合時間は試験開始15分前でした。
チョット早かったかなと思いつつ、私が行ったのは、更に15分前。事務局は嫌な顔を見せる事なく、注意事項の説明と試験会場を教えてくれ、主査に渡す書類をくれました。
試験会場は研究室棟1階の応接室2でした。開始時間までソファで待機。試験開始2分前に応接室に行ったのですが、中は電気も点いていないし、もぬけの殻状態!
どうしたらいいんだろうと思っていると、そこに指導教諭のO先生が登場し、一安心。隣の応接室1でも試験をやっているみたいです。
間も無く副査のK先生が現れると、O先生が唐突に、じゃあ始めますかと...[がく~(落胆した顔)]

先ず、『卒論の内容を5分で説明して下さい』と言われて頭が真っ白になりかけました。
と言うのも、事前の情報では、説明を15~20分で行い、その後質問だったはず[ふらふら]
説明資料も15分を想定して作って行ったので、チョット戸惑いましたが、『なるようになれ』の意気込みで、説明を開始、結局、15分くらいかかってしまいました。
説明が終わると、K先生からの質問が始まりました。
さほど厳しい突っ込みは無かったのですが、所々、主査のO先生がフォローして下さいました。
卒論に関する質問のあとは、『慶應通信で学んだ科目で印象に残ったのはどの科目ですか?』との質問。これには正直に答えました。
次は、『何で文学部を選んだのか?』との質問。
これに対しては、『書きたい論文(今回の卒論)があり、文学部(人間関係学)で書いた方が幅広い研究が出来ると思い文学部を選びました』と答えると、先生方が『嬉しいね~』とうなずいていました。
これで、卒業試験は終わり、最後に副査の先生が『楽しかったですよ』とおっしゃってくれたので、緊張が一気にとれました。
そして、主査の先生がレジュメを見ながら「卒論指導ノート」を返却して下さり、卒論をどうするかと言う話題に!
私が、『先生にお任せします』と言うと、先生は『苦労して提出した論文だから、貰っておきます』との事
私の拙い論文を貰って頂きありがとうございます。

試験が終わり、スキップ[るんるん]しそうな足取りで東門を通ろうとしたその時、思い出しました。
事務局に報告をしなきゃならない事を
本当に最後までお馬鹿でした。

あとは、結果を待つばかりとなりました。
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

卒業試験日決定 [卒業論文]

ブログやTwitterで卒業試験日が決まったとの報告を見かける今日この頃。
もしかして、自分もと思いつつ、kccチャンネルを覗いて見ると、卒業試験日が載っていました。
1月末の週の真ん中あたり、時刻は昼食後のちょうど眠くなる頃。
集合場所は以外や以外、通信教育部となっていました。
説明資料のスライドも作ってあるので、当日はiPad持参でのプレゼンをしようと思っています。
やるからには、もう少し資料を吟味しなければ!!
とりあえず、年末年始はゆっくりして、1月中旬頃から始めよう!
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

卒業論文受付票他 [卒業論文]

三週間ぶりに自宅に戻ると、大学からニューズレターともう一通、白い封筒が届いていた。
白い封筒だが、これは先日提出した卒業論文に同封して送ったものだが、開封すると以下のものが同封されていました。

1、卒業論文受付票(卒論の表紙に貼り付けた三枚連なった紙の内C票)

2、卒業論文題目等の『三色旗』への掲載について
これは、卒業生の氏名や論文の題目、指導教諭の氏名を『三色旗』2015年6月号に掲載する旨の説明と、氏名を公表したくない場合の理由書の記載要領等が書かれています。

3、調査票A
これは、卒論を提出した時点での単位習得状況の確認票で、これによると1月の科目試験及びよるスクーリングの単位まで認定されるようだ。

4、調査票B
これは、教職課程に関する調査票で、卒業後すぐに教員免許を申請予定の人と、2015年4月期教職課程科目履修生へ出願を予定している人が対象の、上記A票に似た調査票

ところで、教職課程には興味が無かったのだが、いつのタイミングで申請すれば科目履修生になれるのかに興味がわいた。


ニューズレーターは11月号
3週間も経ってから開封するようじゃ、ニュースの役割を成していない(〜〜;
一通り目を通したのだが、今月号は1月の科目試験の情報がメインで、その他はいつものように慶友会に関するニュース
目新しいニュースといえば
慶應義塾大学通信教育課程のfacebookページが開設されたことくらいかな
Facebookやってる方はイイネを押してやってください



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

卒業論文最終稿の完成、そして製本まで [卒業論文]


先日の論文指導では堤出許可を頂きましたが、若干の指摘も頂戴致しました。
先週末はせっせせっせと修正に励み、月曜日に最終稿として先生にメールで送信、そして、木曜日には先生から印刷して製本に回して良いとの連絡を頂きました。

金曜日には予め用意してあった厚口の上質紙(90g/m2)に2部プリント、1冊は堤出用、もう1冊は自分の為の保管用です。

そして、これらをカバンに詰め込み、名古屋から東京

土曜日の今日は、慶友会の講師派遣による講演があるため、原稿を持って三田の生協へ、何事も効率良くやるのがビジネスマンの鉄則です。

先程、製本の注文を終えあとは、届くのを待つのみ!! 因に名古屋まで着払いで送ってくれるのでお願いしました。

届くのに1週間くらいかかるようなので、それまでに論文と一緒に提出する要約をまとめたいと思います。
最近の卒業試験では、副査の先生が論文に目を通さず、この要約だけを読み質問されると言う噂も聞こえてきますので、自分がこの卒論で伝えたかった事を800字にまとめるつもりです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

第4回卒業論文指導を終えて [卒業論文]

昨日、4回目となる卒論指導に行ってきました。

すこし早くキャンパスに到着したので、先ずは生協に行って製本について納期の確認をしてきました。
確認場所は、生協2Fカウンター、手馴れたもので申込み用紙と手続きの要約のコピーとそして見本を見せながらの説明。

簡単に要約すると
生徒自身が印刷したものを持ち込み(必要な部数)、製本会社がそれを製本する。
納期は持ち込んでから納品まで1週間、地方の生徒は郵送でも受け付けるがその場合郵送期間を加え、10日から2週間かかるとのこと
料金についてはあえて書かないが、5cmまでは同じ料金(5cmの論文書くやつなんているの?)
地方の人は代引きで送ってもらえる。
表紙の色は紺と黒から選べ、箔の色も白と金から選べる。
原稿の厚さが7mm以下だと背文字が入らず、15mm以上だと背表紙上部に小さなペンマークが入る。

さて、本題の卒業論文指導ですが、前回指導時からの変更点を送ってあったので、スムーズに運びました。
数点、先生から確認事項がありそれについて説明しましたが、どれも読む人がもっと分かりやすい書き方をするように指導を受けました。それから自らのアイデアについてははっきりと自分の提案であることを書きなさいとのことでした。
提出前に先生に最終稿をメールで送る事を約束し、そしてついに、卒論提出許可に捺印していただきました。

最後に前回のブログにも書きましたが、卒論の装丁について指導教員に確認
用紙の大きさはA4、1ぺージの文字数と文字の大きさについては、行間をもう少し狭くするように言われました。
私の原稿は慶應通信レポートフォーマットの1ページ20行。
これは、レポートにコメントを記入するための仕様であり、論文はワードをで新規文書を作成した時のフォーマットで良いとのことでした。
ワープロ使用の可否については、もちろんワープロOK
両面印刷については、裏写りがすると困るので片面印刷にすることで合意。
カラー印刷の可否はグラフがあるのでカラーでの印刷となりました。
データ添付が必用か不要(引用元の記載のみ)かについては、生徒に任せるがあったほうが親切ということで添付することに。

最後に2月における卒論の口頭試問について、できるだけ早い時期にやりますからとのお言葉を頂き、部屋を後にしました。

サッサと修正して、11月に行く慶友会の講師派遣の時に生協に原稿を持ち込みたいところですが、間に合うかどうか…

とりあえず、これでマラソンで言えば競技場に入ったところまで来たので、あとはテープを切るのみ!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

捕らぬ狸の皮算用 [卒業論文]

おそらく、最後となるであろう卒論指導日迄あと2週となりました。
その指導の時に、指導教員に確認しなければならない事、それからその後卒論を堤出するにあたって当日三田でやらなければならない事を整理しておきたいと思います。

① 指導時に「卒業論文提出許可証」に署名捺印してもらう。
② 申告した卒論のタイトルは許可なく変更出来ない。
③ 『塾生ガイド』の卒論堤出基準をクリアしている事を確認。
④ 卒論の装丁について指導教員に確認
a) 用紙の大きさ ← おそらくA4でええよん
b) 枚数(字数) ← 1ぺージの文字数と文字の大きさも
c) ワープロ使用の可否 ← 今どき手書きなんてあるの?
d) 製本 ← 大学生協にお願いしょうと思うので生協で納期の確認。
e) 両面印刷の可否
f) カラー印刷の可否 ← グラフがあるので出来ればカラーで
g) データ添付が必用か不要(引用元の記載のみ)かを確認
※ 卒論の装丁については指導教員の指導を受けたあと印刷業者と打ち合わせが必用かと思う

まだ提出許可をもらえるかどうかも分からないのに、捕らぬ狸の皮算用ばかりしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

第4回卒論指導日決定! [卒業論文]

ご無沙汰しております。
ブログの更新がないのは、学習に進展のない証!
前回の卒論指導以降、全く勉強していません!(キッパリ)

しかしながら、卒業に向けての手続きだけは着実に進めているのであります。
なので、卒論指導の申し込みもしている訳だし、卒論指導日も近づいて来るのは避けられない事になります。(汗)
で、次回の卒論指導日が10月23日(木)と決まりました。(地方に単身赴任しているんだから、終末にしてくれたらありがたいのですが…)
そんな中、先週の三連休は自転車琵琶湖を一周するという旅に出かけてきました。ビワイチと呼ぶそうです。
今回も、月曜日に有給休暇をとれば四連休。岐阜の飛騨辺りから、白川郷、あるいは越前大野に行こうかななんて考えも有りましたが、先週の疲れが取れず、今週末は卒論に専念することにしました。
というか、そろそろやらないとヤバイことになりそうです。

前回の指導時に持っていったラフ仕上げの卒論の書き込みを見ると、「ああ、ここは直さなきゃ」とか「ここはもう少し説明しなきゃ」などの記憶が蘇って来るのですが、最後の方に意味不明の書き込みが??
はて?私の字じゃないから先生が書き込んだ以外考えられないのですが、一体何を言われたのか記憶が飛んでいます。
指導後、すぐに整理しておけばよかったのですが、ほとんどの指摘が簡単に修正出来るという、甘い考えから後回しにしてしまいました。

久しぶりに朝から図書館に篭もり、簡単な修正から片付け、クライマックス部分もほぼ終わり、参考文献を読み直さなきゃならない部分を後回しにして、いよいよ記憶が飛んでいる部分へ突入。
何回か読みなおしているうちに「アハッ[わーい(嬉しい顔)]」思い出しました。
先生が書き込んだ部分は、私の間違いを指摘した部分でも有り、その部分に関しての証明は出来ないはずだから削除しても良いと言われた部分でした。
不要部分をドラッグしてデリートキーでエイっと削除、簡単な作業だったのですが、思い出すまでが大変。
皆さん、言われたことはすぐにやりましょう!

ってなわけで、明日には修正を終わらせる勢いで頑張ります。

最近の学業以外の活動はフェイスブックにて公開中です。是非遊びに来て下さいませ!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

卒業論文指導申し込み [卒業論文]

本日、おそらく最後になるであろう卒業論文指導を申し込みました。
慶應通信生活もすっかりだらけてしまっている今日この頃ですが、これを機会に締まりのある生活に戻りたいと思っています。
卒論指導を申し込むにあたって、前回の指導からの前回の指導からの進捗状況を報告しなければならないのですが、正直言って全く何も進んでいません。先生ゴメンナサイ
とはいえ、頭の中では先の指導で突っ込まれた核心部分の答えは見つけているのです。ハイ (言い訳)
次回の指導までには、キチンと形にして応えるつもりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

第3回卒論指導を終えて [卒業論文]

本日無事に、第3回卒論指導を終えました。
先日、メールで初稿を送っていたのですが、先生から本日はそのコメントを頂けるとのメールが届いていました。
先生の研究室に入ると早速、「大変よくまとまっています」とのお褒めの言葉を頂き、ホッと一安心。
でも、これは社交辞令で、実際は論文の核心部分の論証不足や間違いを指摘されるなど、ビッシリ2時間指導されました。
でもこれは、先生が私の送った稚拙な論文を読んでくれた証でもあり、私自身も自信がなかった部分でもあり、多いに参考になる話ばかりでした。
指導を受ける皆さんは、是非とも事前にメールで送っておくことをお勧めします。
終わってみれば、先生が冒頭に大変よくまとまっていると言ったのは、論文のまとめ方、すなわち、課題を持ち上げ、様々な基準や公理、定理で論証して結論を導くといった、まとまり方がが良いと言っただけで、その内容が良いと言った訳ではないことに気がつきました。

なんだかんだ言いつつも、卒業予定申告にもサインと印鑑をいただき、今日指摘されたところを修正したら、次回の最終指導には提出許可のサインを頂ける事になりました。[わーい(嬉しい顔)]

指導を終えて研究室を出ると、夏スクの社会心理学で一緒だったKさんとバッタリ!
話を聞くと、指導教授が一緒だとか…論文の内容は全く違うはずなのに…
これだから世の中は狭いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

初稿の提出 [卒業論文]

ばんざーい[わーい(嬉しい顔)]

先ほど指導教員にメールで卒論の初稿を提出しました。
受領確認のメールはまだ来ていませんけど…連休だからしかたのないことですね。

こうやって初稿を書き上げることが出来たのは、11連休を取ることが出来たおかげです。感謝!
やっぱり、レポートや論文はまとめ上げる時にそれなりにパワーと時間が必要ですからね。
連休の始まりは、正直言ってまとめ上げる自信はあまりなかったのですが、最大の課題であった「公正」という定義をまとめてからあとは、駆け足で事を運ぶ事が出来ました。

あとは15日の指導日を待つばかり。
ガッチリ指導してもらって、10月の指導までに熟成させ、提出許可を貰いたいところです。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 卒業論文 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。