So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

地学、単位ゲット!!!! [地学]

大変忙しい日々が続いており、ブログも更新できぬままになっていました。
本日も休日出勤を命ぜられましたが、統計学のレポートを完成させなければならないので、しっかりとお断りしました。
そのかわり昨夜はたっぷりと残業をするはめになりました。
どうやら今は私に取って試練の時のような気がします。

そんな中、水曜日に下がりかけていたモチベーション[右斜め下]を持ち直す[右斜め上]出来事がありました。
1月の科目試験「地学」の結果が届いたのです。
自信があったので合格するとは思っていましたが、やはり結果が届いて安心できました。
成績は「B」、前回はCが三つだったので今回の成績が私にとって最高の成績です。
自分でも今回の試験では、「ちょっと的を外したな」とか、「文字数が少ないな」と思っていたので「B」は納得のできる成績です。

さて、統計学のレポートですが、毎朝出勤時間を早めて時間をつくり、喫茶店でこつこつとノートに書きためていましたが、第3回3問目で止まっています。
今日は、最低でも第3回まで終わらせるつもりでいます。[手(チョキ)]



ヤマは外れたけど・・・ [地学]

今年になって2回目、慶應に入っても2回目の科目試験を受けてきた。
今回の受験は、地学一本、しかも持込可の科目での挑戦。
しかしながら、不安はたくさんあるのでヤマをはり、想定の解答をプリントまでして持っていったのだがヤマは大きく外れた。
今回の問題は詳しくは書けないけど、『河川水の水質・・・』
テキストを持っていけば十分に答えられる問題だった。
しかし、私の書いた答えは順序がめちゃくちゃで、言わば『しどろもどろ』の解答。
想定して作っておいた解答とは大きな違い。ちょっとがっかりしている。

おまけに今日は朝からついていない。[ふらふら]
まずは眼鏡を壊してしまったこと。
急に出張の予定が入り、せっかく当選した映画『グラン・トリノ』の試写会に行けなくなってしまったこと。
それから急に会議の予定が入り、14時半まで会議になってしまったこと。
眼鏡の修理代には、2週連続で当たったロト6の当選金を充てることにしたが、パソコンを買う予算に充てるつもりだったのでちょっとガッカリ[がく~(落胆した顔)]

だけどよく考えると、最近はくじ運が良かったようでよく当たっている。[わーい(嬉しい顔)]
先々週がLOTO6の4等、¥12,300也
先週が同じくLOTO6の5等が2本で¥2,000也
それから映画の試写会2名分¥3,600相当

さて科目試験の結果はいかに[exclamation&question]


レポートが戻ってきた [地学]

ブログを更新していないのは、勉強をしていない証拠[exclamation×2]
年度末の忙しさに合わせて、私の部署がリストラの対象に[ふらふら]
新年度から子会社への出向を命ぜられ、忙しさがトリプル
週末の出張を終えて帰宅すると、慶應から2009年度の補助教材が届いていた。
一度目を通しておかないと駄目だと思うが今はそんなことをしている暇もない。
次回の科目試験が終わったら、じっくり目を通すことにしよう。

補助教材と合わせて戻ってきたのが、2月末に提出した地学のレポート。
第1回~4回までまとめて提出したのがまとめて戻ってきた。
評価はB、A、B、Aでどうやら再提出は免れたようだ。
まぁ今回のレポートは第3回目を除き自信はあったのだが、科目試験前に結果がわかり、これで試験にも熱が入ると言いたいところだ。
しかし、何の試験対策もしないまま1週間を切ってしまった[がく~(落胆した顔)]
またまた前回と同じヤマハリ作戦で行くしかない!
今回のヤマの本命は風化について、対抗は炭素循環、それから海洋底の拡大を押えて、穴は水循環
これで試験に挑むつもり[手(チョキ)]
持ち込み可だから参考資料を図書館から借りる手配もしないとダメ!
あー何から手をつけたら良いのだろう[あせあせ(飛び散る汗)]

勉強再開 [地学]

今日は資格試験の試験日。
1週間前から集中して勉強するつもりだったのだが、あまり身が入らず参考書をようやく終え、過去問題をサラッとやった程度で受験日を迎えてしまった。
しかし、買った参考書が良かったのか、おそらく合格点は取れたと自己評価をしている。

さて、次回科目試験まで5週間を切り、こちらもそろそろ勉強を始めないと大変なことになってしまう。
3月、4月は勤め人にとって忙しい季節、勉強に充てられる時間も前回ほどない。
明日からいきなり2連チャンで、夜の仕事が入っているし、出張の予定も数件入っている。

今回は地学1科目のみ、しかも持込可なので、それなりの準備をしておけば単位は取れると思う。
しかも、過去問の出題傾向を調べると、ほとんどがテキストの練習問題から出題されているし、おまけに数問に偏ってい出題されている。[わーい(嬉しい顔)]
すべての練習問題を書き出してみると、53問あったがおそらく10問程度に的を絞れるだろう。[手(チョキ)]
しかしながら、残りの時間を考えると3日で1問を調べておかないと間に合わなくなってしまう。[がく~(落胆した顔)]

さぁ、今日から勉強再開だ[exclamation×2]

清書完了、そして投函 [地学]

昨日、地学3回目の清書を終わらせました。

その後、第1回~4回まで綴じて封筒に入れたのだけど、今回は重そうだったのでレタースケールで計ってみると115g

100gオーバーしたので今回は25円分の切手を貼って今朝投函してきました。

まぁ苦労したからD評価はないだろうと思っています。

ただ一つだけ心配なのは、第3回レポのテキスト、参考文献含めすべてが鹿園先生の著書。

資料の選択が偏っていると言われたらどうしよう・・・・[がく~(落胆した顔)]


とりあえず通信の勉強はしばらく中止、資格試験の勉強に専念します。

地学第3回がようやくまとまった。 [地学]

レポートを書き始める前に頭の中に答えが浮かんでいて、あとはただそれを書けばよいと思っていたのだが・・・

始めてみたら、構想がまとまらず2転3転、ついにはいったん書いたものを消して書き直す羽目に・・・

書き終わってみたら、生物資源を端折ってるにもかかわらず、2000文字を大きくオーバーの2800文字・・・

削りに削って、ついに2039文字にまとめることができました。

今夜は接待でのみに行かなきゃないけど、明日レポート用紙に清書して今週末には4回分まとめて提出します。

いやはやこんなに苦労するとは[ふらふら]

残りあと5日では他の科目に手をつけることもできないので、今回は地学のみの提出になりました。

まぁ、当初の予定通りですけどね。

地学レポ4回目完了 [地学]

4回目が終わったからといって、全部が終わったわけではない。
文章構成がまとまらず、一向に進まない第3回レポをやめて先に4回目を仕上げた。
これから、苦痛の写経の時間。

4回目のレポを書いていて、なぜ3回目が進まないのかわかったような気がする。
わかったこととは「課題が悪いのだ」

3回目の課題は、「天然資源を分類し、それぞれの資源問題をあげなさい。」
この課題を私の頭の中ではこう理解している。
1.まずは天然資源をさまざまな分類方法によって分類をする。
2.次にその資源ごとの問題点を列記する。
以上、まことに簡単な課題なのだが、分類すればするほど資源の数が増えてくる。
そして、かなりの部分で重複する資源の問題点を書くとなると、2000文字では納まらないのだ。

課題の答えはわかっているが、いかにして2000文字以内に要領よくまとめられるかがわからないのだ!

Give me a brake!

レポートが進まない。 [地学]

NEC_0043.jpg
第3回レポートが進まない。
と言うか、文章構成が思いつかない。
第1回、第2回は時系列や事象ごとにまとめる事ができたけど、第3回は資源の分類が複雑に入り組んでるから、どのように表現して良いのかわからないのだ。
いままで書いたのは文系のレポート。
どうやら今回は理系レポートを書かなくてはならないのか?
仕事で表やグラフを入れた報告書などを書くが、指定のレポート用紙に表やグラフを貼りつけて良いものなのか?

写真は今回のレポート課題である。
テキストの裏表紙に貼りつけている。
これは、普段私が仕事をするときのスタイル
終わった物に完と書き込み、全部終わったら剥がす。
だけど今回はなかなか剥がれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

地学レポ、第2回目まで完了 [地学]

地学のレポート第2回目まで完了、明日は写経作業にとりかかります。
第1回の課題、「地震波法によりどのようにして地球内部構造が明らかにできるのかについて説明しなさい。」は、わりとスラスラ書けたのだけど、第2回の課題「プレートテクトニクスをもとに日本列島の地学事象について説明しなさい。」は苦労した。
書き終わったと思ったら、1200文字程度しかなかった。
あれこれ余計なことを付け加えようかとも思ったけれど、まだ書いていない地学事象を付け加えようと、新たに図書館で1冊本を借りて無い知恵を絞ってようやく書き上げた。
だけど、この新たに借りた「基礎地球科学」と言う本はなかなかいけると思う。

基礎地球科学

基礎地球科学




ザ・コア [地学]

昨日はちょっとがんばって第1回目のレポート、2000文字のうち1200文字書いた。
もう少し頑張ったら書き上げられたと思ったけど、なかなか考えがまとまらずに、そんな時ふと思い出したのが「ザ・コア」と言う映画

ザ・コア [DVD]

ザ・コア [DVD]



実は趣味の一つにDVDを集めることがあって、約600タイトルコレクションがある。
そして昨日は12時少し前から、「ザ・コア」を鑑賞してしまった[ふらふら]
おかげで今日は寝不足、疲れがどっと出てしまった。
しかしながら映画のほうは、作り話とはいえある程度学問上に則って地球の内部を再現しているので、イメージをするためにはなったと思う。
地球の内部なんて誰も見たことがないのだから、学者はいったいどのようにイメージしているのだろう[exclamation&question]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。