So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

大学事務局に電話した [入学前]

昨日のブログにも書いてある、転居届けについて大学事務局に電話した。
慶應通信には事務局と分室があるようで、今回のケースは分室の担当らしい。
対応が悪いと評判の事務局だったが、今回対応してくれた女性はとても親切だった。

『便箋に新しい住所と署名捺印、申請月日を書いて郵送してください。』と言う結論だった。
合格通知やら、テキストの配本などのことも心配してくれた、とても感じのよい女性でした。

入学時納入金 [入学前]

image.jpg
コンビニでお金をおろして、郵便局で入学時納入金を入金してきた。
あとは、学生証と教材が届くのを待つのみ!

それから問題が一つ[ふらふら]それは、出願してから、合格通知が届くまでの間に転居してしまった事。
住所変更手続きをどうやったらよいのだろう[exclamation&question]
大学に電話して聞くしか方法は無い[exclamation]
あとで電話しよう[phone to]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

サクラサク [入学前]

本日、待ちに待った封筒Bが届いた。
願書提出後に引越しをしたので、郵便物の転送手続きを行っていたため、本来であれば23日に到着するはずの郵便物が2日遅れで届いた。
日中は家族全員が不在だったので、郵便受けに不在通知が投函されていた。
不在通知を確認したのが19時3分頃で、当日配達の受付締切は19時まで。
駄目もとで郵便局に電話をしたが、やっぱり駄目だった。
当日の窓口受取は22時過ぎから、飲みたいビールも我慢して窓口に取りに行って来た。

帰宅後おそるおそる開封、合格通知より先に払い込み取り扱い票がハラリと出てきたので合格を確信した。
はやる気持ちを抑えて、合格通知を開くとそこには私の名前が君付けで書かれてあった。


SIMGP4564.JPG
あとは、お金を振り込むだけ! 明日、早速入金することにしよう。
お金を振り込んだらいよいよ学生生活の始まりだ!

未だ来ない [入学前]

合格通知(不合格通知)が未だ来ない。
某、巨大掲示板には合格通知が届いたと言う書き込みがチラホラ
あそこの書き込み自体は眉唾物で信じないようにしているのだがやはり気になる。

領収書のシリアルナンバーから推測すると、おそらく2番目に受理された私の書類。
他の奴が合格通知を手にしていると言うことは、もしかして不合格[もうやだ~(悲しい顔)]
倍率4倍とか8倍とかの噂もあるからものすごく不安になってきた。

いずれにせよ、2~3日中には結論が出るんだろうな[ふらふら]

慶應義塾大学から封書が [入学前]

慶應義塾大学から封書が届いた[exclamation&question]

もしかして合格通知??

そんなはずはないよな~と思いつつ開封してみると、入っていたのは選考料の領収書。

やっぱりなー[ふらふら]

でも、気になることを一つ発見。

それは領収書のシリアルナンバー20002

頭の2はおそらく2期目の2だと思うから、きっと私の願書は2番目に受理されたって事だと思う。

どうせなら1番がよかったなぁ

これじゃぁ銀メダルと一緒だ[がく~(落胆した顔)]


願書提出 [入学前]

200808110838000.jpg


いよいよ入学願書提出だ[exclamation×2]

慶應通信の入学は春期と秋期の2期で受け付けている。

秋期の願書受付期間は8月10日~9月10日までの1ヶ月間

入学許可・不許可については、出願後、約1か月から1か月半後に書面により通知されるとのこと。

合格しますように[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

出願手続きその3 証明書編 [入学前]

出願手続きに必要な書類の中に、高等学校調査書と言うものがあるが、私の卒業した高校のホームページでは卒業後5年経過した場合には、卒業証明書と単位取得証明書の発行になると書いてあった。

早速、交付申請用紙をダウンロードして、返信用封筒に切手を貼って投函。

しかし、2週間過ぎても証明書類が届かない![ちっ(怒った顔)]

何か手続きミスがあったのだろうかと心配になり、高校事務局に電話したところ、今年度から証明書の発行が有料化されたとの事で、その旨を自宅にFAXしてあったとの事。

自宅のFAXは見てからプリントするタイプなので、めったにFAXが来ないのでぜんぜんチェックしていなかったのだ。[がく~(落胆した顔)]

証明書発行は大事なことなのだからFAXで済ませるとはいかがな事かと、先方に文句を言ったあとで手数料の納入方法を聞いたところ、「証明書1通400円で、今回は2通だから800円分の北海道収入証紙を郵送してください。」とのこと。

この一言にまたまたプッツン![ちっ(怒った顔)]

関東に住んでいるのに、いったいどうやったら北海道の収入証紙を買えるのだ!!」と攻め寄る。[ちっ(怒った顔)]

事務員はしばらく無言

銀行振り込みではだめか?」と私[ちっ(怒った顔)]

「銀行振り込みは扱っていないので、郵便局の定額小為替を金額分送ってください」と事務員[ふらふら]

「こちらの送料が二度手間になった分の送料を返せ」と私[ちっ(怒った顔)]

「はい、おっしゃるとおりです」と事務員[ふらふら]

北海道の財政状況も相当厳しいのだろうと改めて思う。


頭を冷やして近くの郵便局に定額小為替を買いに行く。

そこでまたせっかく冷やした頭が熱くなる出来事が・・・

定額小為替は発行1枚あたり100円の手数料がかかるのだ。

たとえば50円の定額小為替を発行するのに100円の手数料

これは手数料が200%と言うことだ。

今回は800円だから、400円の小為替2枚で手数料が200円

手数料25%で、ヤミ金以上の率になる。[ちっ(怒った顔)]

郵便局の民営化は国民のためになったのだろうか?

組織を民営化しただけで、法律はそのまま。これでいいのだろうか?

証明書が必要なのだから、文句も言ってられずに仕方なく1000円支払い小為替を購入。

本来ならば書留郵便で送らなければならないのだが、頭にきたので普通郵便で投函したのだ!


1週間後、無事に証明書類は送られてきたのだが、募集要項をよく読むと、「卒業年が古く高等学校調査書の発行が不可能な場合は、卒業証明書と成績証明書を提出」となっている。

私が取り寄せたのは、卒業証明書と単位取得証明書であり高校に問い合わせたところ卒業年が古すぎて(30数年前)成績証明書の発行は不可能とのこと。

ひゃー困った。これで受け付けてくれるのだろうか??[がく~(落胆した顔)]

心配するより、とりあえず大学事務局に電話で問い合わせてみた。

ネット等で知りえた情報どおりに無愛想な電話の受け答えで「あーそれでも良いですよ」と・・・

もし対等な立場だったら文句の一つでも言ったやるのだが、いまは入学許可を得ることが大事なのでここは我慢することにした。


出願手続その2 志願理由書 [入学前]

志願理由書とは、

1.大学で何を学ぼうとしているのか、①過去の学習経験、②将来の展望、に触れながら、志望した学部(類)に関連させて述べなさい。(720字以内)

2.自分の学びたい学問領域に関わる書籍を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、自分の視点から論評しなさい。(720字以内)

3.なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのか述べなさい。(150字以内)

この3つを、A4用紙裏表に直筆で書かなければならない。

最近、ワープロばかり使っているので、直筆となると緊張してしまうので、あらかじめワープロで下書きをしてから記入した。

この際注意したことは、段落処理、句読点、禁則処理、誤字脱字に重点を置き、文字数はあまり気にしなかった。

そこで解らなかったのは、句読点の後に括弧が来る場合、1マスなのか2マスなのかはいまだに不明である。
例 …である。」ということは・・・・

何を書いたかについて詳しいことは書かないが、以下のような内容について書いて提出するつもりであるが、これで合格できるのだろうかは疑問であり、数百名~数千名の志願者の文章を隅から隅まで本当に読むのかどうかも疑問である。

1については自分の志願理由を素直に書いた。

2については、慶應義塾大学教授の著書で読みやすいものを選び書いたのだが、論評とはなにかいまだにわかっていないので、感想文に毛の生えたような文章になってしまった。

3については、慶應義塾大学の特色の中からピックアップして書いた。




出願手続その1 入学志願書編 [入学前]

今回から数編に分けて、出願手続きについての私の体験(普通課程)を書きます。
特別課程、学士入学の場合についても、卒業証明、成績証明のところだけ、自分の卒業した学校から取寄せると置き換えてください。

①入学志願書
入学志願書となっていますが、言わば履歴書のようなものです。
表面に住所・氏名・生年月日・学歴記入欄・勤務先記入欄・志望課程・志望学部、それから誓約書の欄があり、本人と保証人の署名捺印が必要になります。
保証人の欄ですが、私は妻に記入をお願いしました。
妻曰く「50歳を越えたオヤジに今更保証人なんて必要なの?」
そりゃそうですよね、50を過ぎて自分の行動に責任を負えない人はあまりいないと思います。
そんな無駄話をしながら記入していた妻が「ゴメン!間違って同じ印鑑を押してしまった」・・・
げっ!募集要項に大きな字で「たとえ夫婦であっても同一印鑑は不可」と書いてある。
これでは書類選考で不合格間違いなし
仕方が無いので、もう1部入学案内を取寄せることにしました。[もうやだ~(悲しい顔)]


入学案内 [入学前]

おくられて来た入学案内には以下のものが含まれていた。

①入学案内
②学生募集要項
③入学志願書
④志願理由書
⑤志願者情報カード
写真票・選考料納付票
⑦返信用封筒A・B
⑧送信用封筒

その中の学生募集要項によると

募集人員は、文学部(第1,2,3類)あわせて3,000名、経済学部4,000名、法学部(甲、乙類)あわせて2,000名

入学資格および入学後の認定単位は、
普通課程では、高校卒業と同等の学歴を所持する者で入学後の認定単位は無い
特別課程では、短大卒もしくは高専卒の準学士で入学後に総合教育科目の外国語を除く18単位が認定される。
学士入学では、大学卒業者もしくは卒業見込みの者で入学後に総合教育科目の外国語を除く40単位が認定され、さらに条件により必修外国語が仮認定される。

入学時期は
4月1日入学(2月10日から3月10日までに出願し、入学を許可された者)
10月1日入学(8月10日から9月10日までに出願し、入学を許可された者)

出願手続きは
出願書類等作成・取揃
   ↓
出願手続
   ↓
出願受付
   ↓
選考料領収書受取
   ↓
入学選考
   ↓
合格通知・学費納付票の受取
   ↓
学費の払込
   ↓
入学許可通知・学生証受取
   ↓
テキスト受取
   ↓
学習開始

選考方法
書類選考による。(書類不備・記入漏れは選考対象外)

選考結果通知
出願後1ヶ月から1ヶ月半後に書面により通知

在学所要年数
普通課程(4か年以上) 特別課程(3か年以上) 学士入学(2年6か月以上)

在籍年数
入学した年月から起算して12年

選考料
10,000円(消費税非課税)

学費
教育費+補助教材費+科目試験料+登録料(入学時のみ)で初年度合計111,000円
このほかにスクーリング受講料が必要になります。費用は単位により異なりますので、ここには記載しません。

通学課程への編入
通学課程への編入の道もありますがかなり厳しい学習計画が強いられるみたいです。



上記情報については2008年度学生募集要項を要約しているので、正確な情報は入学案内をとりよせて入手してください。

私が目指しているのは、文学部第1類(哲学)普通課程(高校しか出ていないですから[わーい(嬉しい顔)])の10月入学です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。