So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

第4回卒業論文指導を終えて [卒業論文]

昨日、4回目となる卒論指導に行ってきました。

すこし早くキャンパスに到着したので、先ずは生協に行って製本について納期の確認をしてきました。
確認場所は、生協2Fカウンター、手馴れたもので申込み用紙と手続きの要約のコピーとそして見本を見せながらの説明。

簡単に要約すると
生徒自身が印刷したものを持ち込み(必要な部数)、製本会社がそれを製本する。
納期は持ち込んでから納品まで1週間、地方の生徒は郵送でも受け付けるがその場合郵送期間を加え、10日から2週間かかるとのこと
料金についてはあえて書かないが、5cmまでは同じ料金(5cmの論文書くやつなんているの?)
地方の人は代引きで送ってもらえる。
表紙の色は紺と黒から選べ、箔の色も白と金から選べる。
原稿の厚さが7mm以下だと背文字が入らず、15mm以上だと背表紙上部に小さなペンマークが入る。

さて、本題の卒業論文指導ですが、前回指導時からの変更点を送ってあったので、スムーズに運びました。
数点、先生から確認事項がありそれについて説明しましたが、どれも読む人がもっと分かりやすい書き方をするように指導を受けました。それから自らのアイデアについてははっきりと自分の提案であることを書きなさいとのことでした。
提出前に先生に最終稿をメールで送る事を約束し、そしてついに、卒論提出許可に捺印していただきました。

最後に前回のブログにも書きましたが、卒論の装丁について指導教員に確認
用紙の大きさはA4、1ぺージの文字数と文字の大きさについては、行間をもう少し狭くするように言われました。
私の原稿は慶應通信レポートフォーマットの1ページ20行。
これは、レポートにコメントを記入するための仕様であり、論文はワードをで新規文書を作成した時のフォーマットで良いとのことでした。
ワープロ使用の可否については、もちろんワープロOK
両面印刷については、裏写りがすると困るので片面印刷にすることで合意。
カラー印刷の可否はグラフがあるのでカラーでの印刷となりました。
データ添付が必用か不要(引用元の記載のみ)かについては、生徒に任せるがあったほうが親切ということで添付することに。

最後に2月における卒論の口頭試問について、できるだけ早い時期にやりますからとのお言葉を頂き、部屋を後にしました。

サッサと修正して、11月に行く慶友会の講師派遣の時に生協に原稿を持ち込みたいところですが、間に合うかどうか…

とりあえず、これでマラソンで言えば競技場に入ったところまで来たので、あとはテープを切るのみ!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

捕らぬ狸の皮算用 [卒業論文]

おそらく、最後となるであろう卒論指導日迄あと2週となりました。
その指導の時に、指導教員に確認しなければならない事、それからその後卒論を堤出するにあたって当日三田でやらなければならない事を整理しておきたいと思います。

① 指導時に「卒業論文提出許可証」に署名捺印してもらう。
② 申告した卒論のタイトルは許可なく変更出来ない。
③ 『塾生ガイド』の卒論堤出基準をクリアしている事を確認。
④ 卒論の装丁について指導教員に確認
a) 用紙の大きさ ← おそらくA4でええよん
b) 枚数(字数) ← 1ぺージの文字数と文字の大きさも
c) ワープロ使用の可否 ← 今どき手書きなんてあるの?
d) 製本 ← 大学生協にお願いしょうと思うので生協で納期の確認。
e) 両面印刷の可否
f) カラー印刷の可否 ← グラフがあるので出来ればカラーで
g) データ添付が必用か不要(引用元の記載のみ)かを確認
※ 卒論の装丁については指導教員の指導を受けたあと印刷業者と打ち合わせが必用かと思う

まだ提出許可をもらえるかどうかも分からないのに、捕らぬ狸の皮算用ばかりしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。