So-net無料ブログ作成
検索選択

「早慶戦」はなぜ、「慶早戦」ではないのか [慶應通信]

今日の慶早戦、我が慶應が勝ちましたね。あと一つ勝てば春季リーグ優勝ですね。
さて、「早慶戦」はなぜ、「慶早戦」ではないのかについて調べてみました。
と言うか、2012年5月15日付け日本経済新聞の記事を要約してみました。

 記念すべき第1回早慶戦は1903年(明治36年)11月21日、早稲田が送った挑戦状に慶応が応える形で始まり、この時の試合は11―9で慶応が勝利しましたが、テレビやインターネットの無いこの時代、新聞2紙が小さく伝えた程度で、それぞれ「慶応義塾対早稲田大学野球試合」「早稲田大学(改行)慶応義塾 対校野球試合」という見出しで、この時には早慶戦と言う言葉は使われていません。

 早慶と言う言葉が初めて新聞に載ったのは、1905年に都新聞(現東京新聞)が11月9日付で「早慶野球仕合」という見出しを使用し、早稲田と慶応を「早慶」と略した第1号である可能性が高いと思われます。

 早慶戦の初出とみられるのが10年11月24日付東京朝日の「准早慶戦」の見出しですが、これは正式な早稲田対慶應の試合ではなく、OBによる試合でした。
慶應対早稲田の試合は、1906年秋の対戦が1勝1敗となった時点で応援合戦が過熱し、一触即発の状態となって第3戦が中止となり、以後1925年(大正14年)秋の東京六大学野球連盟創設とともに再開されるまで19年の空白期間が生じた経緯があるからです。代わりに組まれたのがOB主体のチームなどによる試合でした。
 ちなみに、試合が中止となったのは、早稲田側が応援団員の人数を守らなかったことが中止の発端と言われています。この事件を載せた9紙の見出しのうち、「運動界の恨事」という1紙を除いた8紙が「早慶野球事件」「早慶第三回戦中止」などと早慶を使い、この頃の新聞用語では、既に早慶と呼ぶのが基本だったと思われます。

慶應対早稲田の試合が復活した1925年以降、ほとんどの記者が慶応出身だった時事新報でさえ「早慶戦」を使い、この頃は新聞のみならず世間一般でも早慶の順番を動かし難いほどに早慶戦という表記が定着していたと考えられます。しかし、慶応の「与党」たる時事新報までもが早慶戦を認めなければいけなかったのはどうしてかという疑問は残っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

成績証明書 [慶應通信]


image-20140530063709.png
先日申請していた、成績証明書が届いた!
単位の計算も間違えてなく、『卒業論文以外の卒業所要単位を充足しています』との、事務局からのお墨付きをもらいました(^-^)/

これで一安心、足りなかった場合には夏スクを申し込む覚悟でいたのですが、ホッとしました。

日本の中世と西洋哲学 [慶應通信]

gaccoの成績が発表されていました。
最後に一問間違えてしまいましたが、気になるのはレポートの評価です。
image.jpg
グラフを見ると、レポートの成績は50点ですね。
やはり、日本の中世を西洋哲学で論じることには無理があったみたいですねσ^_^;

以下に書いてあるのが今回提出したレポートです。

 小笠原持長は、御前落居記録による判決によって、草間村の所有権を将軍に認めてもらったが、実際には草間村を実効支配していたのは細川氏であり、ここに中世日本の所有権に未成熟がみられる。ジョン・ロックは『統治二論』で、人間が自然状態にある時にこの所有権の不安定がみられ、社会が成熟した時に所有権の保全が行われると述べている。足利将軍には、所有権を認める力はあったものの支配権まで認める力はなかったように思えることから、日本中世の社会は成熟していたとは思えない。
 『法然上人絵伝』のなかで、九条兼実と法然上人との法談を聞くことができなかった熊谷直実が、身分の差について嘆いている。ルソーは『人間不平等起源論』で、人間は自然状態にあるとき、言語や教育、社会階層といった不平等がなく、社会が成熟するにつれて、人間が相互協力をしたときに社会に不平等な階層が生ずると述べている。熊谷直実の望んだ「極楽」とは自然状態に帰依することではあるが、社会階層に不平等があったということは、当時の人間が相互協力を行っていたという結果である。
 政治には2つの捉え方があり、ひとつはマックス・ウェーバーの支配権力による秩序維持(ツリー)で、他方はハンナ・アーレントの命令ではなく説得による合意(リゾーム)である。日本の中世はこれらが混沌とした時代であり、強者に対しての自由はあったが、平和な時代であったと考えることはできない。
 日本の中世の人口増加は1000年の間に600万人しか増えていないが、江戸時代の最初の100年間に1300万人増えている。これは、それぞれの時代の社会のシステムに起因し、江戸時代は平和であったと思われる。網野善彦のいう中世の自由とは、ホッブズが『リヴァイアサン』で唱えた、万人の万人に対する戦いという自由であり、平和な時代を作るにはこの自由権を全て国家に譲渡する社会契約が必要となる。これが実現できたのは家康の時代になってからである。

800文字の字数制限で、尻切れとんぼみたいなレポートですが、本当は織田信長の天下布武や、リヴァイアサンの続きなどを含めてまだまだ書きたい事があったのです。

gaccoの二回目、インターネットが始まりましたが、初回の課題、当てずっぽうに答えたら、三回ハズレ!難しいですねσ^_^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

科目試験最後の単位はフランス文学概説でGET [慶應通信]

kcc-channelに4月の科目試験の結果が反映されていました。
待ちに待った最後の科目の発表です。
4月に受験したのは『フランス文学概説』1科目のみ、これを落としたら後がありません。
結果は Brilliant [ぴかぴか(新しい)]いや、Bravo[わーい(嬉しい顔)] でした。
おそらくこれで、卒業に必要となる単位は全て修得したと思われます。
今月末には事務局に問い合わせている成積証明が届くと思うので、その時にはハッキリすると思います。
2008年の10月入学だったので、最初に受験したのが2009年1月でした。
その時からコツコツと貯めた結果、118単位に到達しました。
今の気持はやっぱり「 Bravo 」ですね。

フランス文学概説は年々難しくなっていると言う噂を聞きましたが、持ち込み可の科目なので、テキストをきちんと読んでおけば大丈夫かと思います。
もちろん、課題に対しての論旨がキチンと出来る事が前提ですけどね。

さぁて、残すは卒論のみ!! 最後までガンバルぞ!![ID]



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

慶友会に行ってきたのだ [慶應通信]

土曜日は、某慶友会の例会&懇親会に参加したのだ!

単身赴任で、あっちに行ったりこっちに来たりと、自分の居場所が定まらないのですが、この慶友会はメール会員という制度もあり、入学当初に入会していた慶友会よりも、手厚い待遇が感じられます。
単身赴任は転勤と違って、赴任先の住所はあくまでも仮の住所。用事があれば週末を利用して、家に戻るし、用事がなくても家に戻らなければ、家庭崩壊が待っています。
なので、赴任先での活動に限りもあり、あまり積極的になれません。他方で、常に東京周辺に居るわけでもないので、こちらの慶友会に参加するのも活発とは言えない状況です。
そんな私なのですが、某慶友会は受け入れてくれるので、大変有り難く思っています。また、赴任先の慶友会にも個人的に知っている友人が数名いるので、講師派遣や懇親会に参加させてもらうなど、いい経験をさせてもらっています。

「通信教育=独学」というイメージで人を頼らずやり遂げてみようという気持ちもあったのですが、卒業が近づくにつて、手続きのタイミングを逃すなど、やはり人を頼りにするのもいいのかなと思い、入会したのですが、熟成ガイドやテキスト科目履要領などに書かれていない情報が得られるなど、良かったと思っています。
初めから入会していれば、おそらく1年早く卒業出来たと思っています。

ということで、慶友会に入会しようかどうか迷っている方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

卒業予定申告書の提出 [慶應通信]

昨日、卒業予定申告書にサインと印鑑を頂いたので、今日は事務局に堤出に行って来ました。
本当は昨日提出すれば良かったのですが、返信用封筒を用意して行かなかったので、本日再び行く事になりました。
手続きはあっと言う間に終わり、ちょっと拍子抜けをしました。

ついでに、修得単位が卒業要件を満たしているかどうかを確認するために、成績証明の申請も行ってきました。
届くのに2週間くらいかかると言われましたが、4月の科目試験の結果が反映されているかどうか、微妙なタイミングです。
反映されているといいんですが....なんてまだ合格しているかどうかも判らないのに図々しいですね。
申請書の使用目的の欄にちゃっかりと「事務局で確認お願いします」と書いておきました。

そして、次は慶應ICTアカウントの申請をしに大学院棟地下の慶應三田ICTに行って来ました。
ICTアカウントの事を書く前に、サイニィのサイトライセンスの期限が3月末で切れてしまい、更新するには慶應学内のパソコンからでなければ出来ません。ICTアカウントはこのために必要だったのです。
アカウントの手数料はスクーリング中だと安いのですが、今回は半期(9月末まで)有効の2500円にしました。
それまでには絶対に卒論を終えなければなりませんし、たぶん出来ると思います。
CiNiiのサイトライセンスを取ると、定額アクセスの論文を無料でDL出来るので、2500円の出費は安いと思います。
それから、三田ICTでは持参したiPadを慶應モバイルに繋ぐ設定も行ってくれました。
これで慶應キヤンパス内ではネットワークに繋ぐ事が出来る様になりました。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

第3回卒論指導を終えて [慶應通信]

本日無事に、第3回卒論指導を終えました。
先日、メールで初稿を送っていたのですが、先生から本日はそのコメントを頂けるとのメールが届いていました。
先生の研究室に入ると早速、「大変よくまとまっています」とのお褒めの言葉を頂き、ホッと一安心。
でも、これは社交辞令で、実際は論文の核心部分の論証不足や間違いを指摘されるなど、ビッシリ2時間指導されました。
でもこれは、先生が私の送った稚拙な論文を読んでくれた証でもあり、私自身も自信がなかった部分でもあり、多いに参考になる話ばかりでした。
指導を受ける皆さんは、是非とも事前にメールで送っておくことをお勧めします。
終わってみれば、先生が冒頭に大変よくまとまっていると言ったのは、論文のまとめ方、すなわち、課題を持ち上げ、様々な基準や公理、定理で論証して結論を導くといった、まとまり方がが良いと言っただけで、その内容が良いと言った訳ではないことに気がつきました。

なんだかんだ言いつつも、卒業予定申告にもサインと印鑑をいただき、今日指摘されたところを修正したら、次回の最終指導には提出許可のサインを頂ける事になりました。[わーい(嬉しい顔)]

指導を終えて研究室を出ると、夏スクの社会心理学で一緒だったKさんとバッタリ!
話を聞くと、指導教授が一緒だとか…論文の内容は全く違うはずなのに…
これだから世の中は狭いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

学割で買えるうちに [慶應通信]

学生の特権の1つに学生割引がある。
通称「学割」である。

実は、昨日「テルマエ・ロマエ2」を見に行ってきたのだが、学割より安い価格(シルバーじゃないよ)でチケットを買えて、ちょっとガッカリ
いやまてよ?学割を使えるうちに買えるものを買っておこう!
MyMACに入っているOfficeは2008年版
思い切って2011年版に買い換えようかなと思ったら、何やら2014年版が出るとかでないとか
じゃぁということで、Adbe Acroba tPRO を学割で購入。
今のアクロバットは凄いですねー
日本語OCR機能もついているので、画像ベースのPDFからテキストを抜き出すことが出来そうです。
こんな機能が付いているなら、卒論始める前に買っておけばよかったと反省
特に引用を多用する場合、この機能は良いかも

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

初稿の提出 [慶應通信]

ばんざーい[わーい(嬉しい顔)]

先ほど指導教員にメールで卒論の初稿を提出しました。
受領確認のメールはまだ来ていませんけど…連休だからしかたのないことですね。

こうやって初稿を書き上げることが出来たのは、11連休を取ることが出来たおかげです。感謝!
やっぱり、レポートや論文はまとめ上げる時にそれなりにパワーと時間が必要ですからね。
連休の始まりは、正直言ってまとめ上げる自信はあまりなかったのですが、最大の課題であった「公正」という定義をまとめてからあとは、駆け足で事を運ぶ事が出来ました。

あとは15日の指導日を待つばかり。
ガッチリ指導してもらって、10月の指導までに熟成させ、提出許可を貰いたいところです。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

山を超えるとそこには… [慶應通信]

巷では連休なのですが、学生に休みはないって本当ですね!
卒業論文にどっぷりと浸かっている、今年のGWです。
いや、卒論に専念出来るチャンスは今しかありません。
来年のGWには卒業旅行をすることを目標に頑張ります。

さて、最大の難所であった卒業論文に用いる「公正」の定義を終え、キーボードのタイピングの軽やかになってきました。
登山で言えば、山頂を制覇し下り坂に突入した気分です。
しかし、登山の落とし穴は下り坂に有りというように、卒論は締めが肝心。
今までに論じてきたことを、どのように結論付けるか。
と言うか、私の場合結論が先に決まっておいたので、これまでに述べてきたことが結論に矛盾しないかどうかが、最後の難所となります。

現時点で、残り一節と終章のみ。
なんとか明日中には初稿を書き上げたいと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び