So-net無料ブログ作成
検索選択

出願手続その2 志願理由書 [慶應通信]

志願理由書とは、

1.大学で何を学ぼうとしているのか、①過去の学習経験、②将来の展望、に触れながら、志望した学部(類)に関連させて述べなさい。(720字以内)

2.自分の学びたい学問領域に関わる書籍を一冊選び、概要を簡単にまとめた上で、自分の視点から論評しなさい。(720字以内)

3.なぜ慶應義塾大学の通信教育課程を選んだのか述べなさい。(150字以内)

この3つを、A4用紙裏表に直筆で書かなければならない。

最近、ワープロばかり使っているので、直筆となると緊張してしまうので、あらかじめワープロで下書きをしてから記入した。

この際注意したことは、段落処理、句読点、禁則処理、誤字脱字に重点を置き、文字数はあまり気にしなかった。

そこで解らなかったのは、句読点の後に括弧が来る場合、1マスなのか2マスなのかはいまだに不明である。
例 …である。」ということは・・・・

何を書いたかについて詳しいことは書かないが、以下のような内容について書いて提出するつもりであるが、これで合格できるのだろうかは疑問であり、数百名~数千名の志願者の文章を隅から隅まで本当に読むのかどうかも疑問である。

1については自分の志願理由を素直に書いた。

2については、慶應義塾大学教授の著書で読みやすいものを選び書いたのだが、論評とはなにかいまだにわかっていないので、感想文に毛の生えたような文章になってしまった。

3については、慶應義塾大学の特色の中からピックアップして書いた。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 1

NY

無事に10月の試験受けれるといいですね。

ところで、「法学(憲法を含む)」は、六法の持込不可ではないですか?

ニューズレター9月号のp.12の持込許可リストに「法学(憲法を含む)」はありません。

私は法学部ですが、科目により六法の持込が不可で、
不可の場合は、条文や何条かを暗記しています。
by NY (2009-09-08 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。